子供の身長を伸ばすサプリ|ドクターセノビルを購入してみた♪

息子が小学6年の頃にFC東京U-13のセレクションに合格出来ず、子供の身長を伸ばす為のサプリやプロテインを探し続けたサッカー素人の父親の日記。

寝る子は育つ理由って?寝る前のストレッチも効果あるってよ!

寝る子は育つって嘘よ!関係ないよ!

たくさんご飯食べさせれば身長は伸びるんだよ!

 

と、睡眠はあまり関係なくてもいいと語るコーチがいました。

 

息子のサッカークラブのコーチなのですが、

 

『うちの子は勉強ばかりしてあまり睡眠時間なかったけど、

170センチまで伸びましたよ!』

 

『背を伸ばすには8時間以上寝なきゃダメだっていうけど、

うちの子は毎日5時間くらいだったけど、背は伸びたよ!』

 

と、少し自慢げに話していました。

 

でも、寝る子は育つというには、

やっぱり、ちゃんとした理由がありようです。

 

 

■緊張をほぐしてリラックスさせる効果

 

夜の22:00から02:00に、

成長ホルモンが多く分泌されるという事!

 

そして、夜の十分な睡眠もそうですが、

昼寝の身長を伸ばすのに効果的なのだそうです。

 

昼寝も、夜の睡眠も、身体の緊張をリラックスさせて

体も精神も、リセットしてくれるのだそうです。

 

このリセットがうまくいかないと、

発達障害や、自律神経失調症

最悪は登校拒否とかの原因にもなりかねないのだそうです。

 

怖いですね?

 

なので、、

『うちの子は勉強も部活も頑張って、

中学時代は毎日5時間の睡眠でも、170センチ以上になったよ!』

 

という親は、もし十分な睡眠を子供にとらせていたら、

175~180センチになっていたかもしれませんね?

 

サッカー日本代表の平均身長が178センチですから、

将来を夢見るサッカー少年には、

この178センチも目標になるかもしれませんね?

 

 

とりあえず、

寝る子は育つという理由は、成長ホルモンや

リラックス・リセット効果によって、

ちゃんとしたプラスの要因があるんですね?

 

>>ブログのTOP記事はこちら